スポンサーサイト

  • 2012.01.24 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    chibiriyo誕生物語 3 (無痛分娩)

    • 2009.04.10 Friday
    • 21:28
    「よくがんばって出てきてくれたね〜ありがとう」
    これが私がチビリヨにかけた最初の言葉だった

    チビリヨが元気に生まれてきてくれた

    ああ、ほんとにありがとう!
    先生も助産師さんも家族も友達も

    みんなに支えられてここまでこれて
    そして1つの命が無事誕生いたしました
    本当にありがとう!!!!

    生まれたばかりのチビリヨは
    まだ羊水の中の温もりや臭いに包まれたまま
    私のお腹にのせられた

    「かわいい〜・・・」

    ふっと泣き止んだり、ふんにゃあふんにゃあといってみたり

    ずっしりと重たく、とても温かい

    これが”命の重さ”なのか
    私は一生この感覚を忘れずにいるだろう

    その後私は痛みもないまま先生と妊娠中の頭痛の話など
    しながら産後の処置をしてもらう
    麻酔が効いているので胎盤をぎゅーーと出されたときも処置もぜんぜん痛くない
    初産なので会陰切開しますねと言われていたけどしないですんだとのこと
    しかしやや傷口はありちょっとだけ縫った

    助産師さんに胎盤をみせてもらう
    夫も見るか聞かれたがたぶん卒倒すると思い勝手にお断りした(笑)
    この中にチビリヨはいたんだ・・・

    いや〜
    感想としては無痛分娩にして本当によかった

    赤ちゃんが生まれてくる過程も瞬間もその感動もすべてしっかり覚えていて
    感じることができた

    なによりチビリヨが苦しまないで出てきてくれたのではないだろうか

    無痛分娩だと産んだときの苦しみがない分子供への思いが足りなくなるのでは
    というコメントを聞くこともあるが私はそんなことないと思った

    もし選べるのなら苦痛がないリラックスした中で生まれ方が
    赤ちゃんにとっても楽だし、母親だって落ち着いて出産に臨める

    私は次回があるならば同じように無痛分娩を選ぶだろう

    ただし・・・次回が今回と同じように”無痛”とは限らないけどね




    スポンサーサイト

    • 2012.01.24 Tuesday
    • 21:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      肩こりさんのお助けまん

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM