スポンサーサイト

  • 2012.01.24 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    あたちチビリヨです

    • 2009.04.10 Friday
    • 22:04
     きれいに体を洗ってもらったチビリヨが
    夫・・・いやパパに抱かれて分娩室に帰ってきた

    その小さな体は真っ白いタオルにくるまれて
    女の子用のピンクの水玉のお洋服を着せてもらっていた

    こんにちは チビリヨちゃん


    生まれてから20分足らずでチビリヨは両目をあけた
    初めは右目だけ一生懸命開いて
    「ん〜まぶしいなあ〜、ここはどこだあ?」
    というように空を見つめていた


    それがもう片方の目も一生懸命あけようとして
    ついに15:22両目が開いたのだ!
    すごーいすごーい

    なんて健気なんじゃあ〜

    チビリヨは夫に抱かれたまま
    分娩室の外でまだかまだかと待っていた家族に会いに行き
    歓迎のシャワーを浴びた後再び戻ってきた

    その後は母子の経過をみるため2時間ほど分娩室にいた

    麻酔の針はまだいれたまんま
    私はお蔭様で初産にしてはポコンと生まれた超安産だった
    ありがたや〜

    チビリヨは私の右腕にずっしり抱かれたままさっそく指をなめなめ・・・
    ちっちゃいな〜この指!
    不思議だな〜この子がお腹で一生懸命大きくなってくれて
    頑張って外の世界にでてきてくれたんだもんな〜

    生命の誕生に神秘を感じる
    神様のみが成せる業なのか・・・

    しかし・・・・
    またもや夫や母はどこいったんじゃ?
    この分娩室も陣痛室同様お一人様限定で入れるのだ
    さっきはドテッっとした私が転がってただけだったけど
    今度はこ〜んなにちびっちゃくてかわいらしい赤ちゃんがいらっしゃいますのよ??
    なんでまただれも来ないんじゃ・・・

    お隣も赤ちゃんが生まれたようで旦那様がだっこして喜びに包まれている

    しーーーーん・・・

    おいおい誰かきてくれよ、共に喜び味わいましょうよお・・・
    というかもう右腕が限界なんですけど
    ちっちゃくて壊れちゃいそうだからこわくて腕も動かせないし
    このチビちゃん思うよりかなりずっしりされてるわけですよ

    ああ、もう腕限界気持ち悪くなってきた

    限界によりナースコール
    「あのー赤ちゃんつれていってもらえますか・・・」
    と情けない発言をすることになってしまった^^;

    と、そのときやっと夫が帰ってきて
    義父が間に合ったので生チビリヨみせたいと連れて行った・・・
    (新生児室に入ってしまうともう家族は入院中に抱いたりすることはできないのだ)

    その後夫と母が、陣痛室と分娩室妊婦ほったらかし事件について
    私にうだうだ文句をいわれたことは言うまでもない

    スポンサーサイト

    • 2012.01.24 Tuesday
    • 22:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      肩こりさんのお助けまん

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM